大阪産業大学 田原研究室(Advanced_Rocket_Lab.)
ようこそ!大阪産業大学 工学部 機械工学科 宇宙推進ロケット工学研究室へ!!
 
  
トップページ  方針について  研究室の様子  研究内容について  研究室のメンバー  設備について  論文  リンク  イベント情報

  ■研究が拓く未来

月基地と地球の間の定期連絡船の航行

火星・木星観光船の航行

皆さん想像してください。

西暦2220年、宇宙大航海時代の到来から100年が経ちました。 関西宇宙観光空港から大型ロケットが飛び立ちました。乗組員はパイロット5名と民間人500名です。

途中、国際宇宙ステーションに寄港し、火星基地に向かう乗客を降ろした後、月基地を目指します。
宇宙ステーションまでは地球の重力場を脱するために化学ロケットエンジンを用いますが、宇宙空間、惑星間航行には大型電気推進ロケットエンジンを利用します。

宇宙船の窓から見る、地球、月、火星、本当に美しいことでしょう。

この感動、情景はもう決して夢物語ではないのです。



Copyright © 2020 Tahara Lab. all right reserved.