大阪産業大学 田原研究室(Advanced_Rocket_Lab.)
ようこそ!大阪産業大学 工学部 機械工学科 宇宙推進ロケット工学研究室へ!!
 
  
トップページ  方針について  研究室の様子  研究内容について  研究室のメンバー  設備について  論文  リンク  イベント情報
 
先端推進・電気推進ロケットエンジンの原理と開発研究の歴史!

宇宙航空未来輸送システム研究開発拠点(Research & Development Base on Future Aerospace Transportation Systems)の構築と大展開

宇宙航空研究開発機構(JAXA)小惑星探査機「はやぶさ」は、電気推進ロケットの一種であるイオンエンジンを駆り、2012年6月、60億kmの旅を終え地球に帰還しました。
2014年12月にはさらに後継機「はやぶさ2」が人類の起源を探索するために打ち上げられ、小惑星「リュウグウ」に到着、ミッションを遂行し、順調に宇宙航行を続けています。

宇宙推進ロケット工学研究室(Advanced Rocket Laboratory)では、将来の有人火星探査、太陽系惑星探査、月基地建造物資輸送、太陽発電衛星建造物資輸送などに用いられる、各種の電気推進ロケットエンジンの開発研究、実際に小型人工衛星の設計製作・JAXAやインド宇宙研究機関(ISRO)PSLVロケットによる打ち上げとその運用、電気ロケットの宇宙噴射実験・噴射による衛星の軌道変更実験、さらに宇宙ゴミ処理技術の開発、小惑星・地球衝突回避技術の開発などを行い、近未来の宇宙開発に貢献します。
 
JAXA小惑星探査機「はやぶさ2」の電気推進ロケットエンジンによる宇宙航行(JAXA提供)
□ 新 着 情 報 □





Copyright © 2020 Tahara Lab. all right reserved.